同一週及び同一週以外の休日振替と代休の割増賃金率について

 

休日の振替と代休ですが、扱いが異なるのはご存じでしょうか。

休日の振替は、休日出勤する「前」に、事前に他の出勤日を指定して、トレードするものになり、

代休は、休日出勤した「後」に、他の出勤日とトレードするものになります。

 

以下は、起算日を月曜日、1日8時間とし、変形労働時間制でない事業所の場合の事例です。

水・日休みで、火曜日に明日の水曜日は休みなんだけど、仕事が入ったから勤務してね、代わりに本来の出勤日である「今週の土曜日」、休んでいいよ、と火曜日に言うのが休日の振替。

水・日休みで、火曜日に明日の水曜日は休みなんだけど、仕事が入ったから勤務してねと言い、水曜日勤務。そして、木曜日になって、昨日勤務したから、「今週の土曜日」休んでいいよ、と言うのが代休。

 

結果的に、休みは同じですが、割増賃金については、以下のように扱いが異なります。

 

同一週内での休日の振替は、事前トレードなので、割増賃金は不要。

一方、同一週内での代休は、事後トレードなので、割増賃金は必要。

 

同一週内の割増賃金は、0.25倍となります。

 

では、休日の振替と代休を、翌週に行った場合はどうなるでしょうか。

 

水・日休みで、火曜日に明日の水曜日は休みなんだけど、仕事が入ったから勤務してね、代わりに本来の出勤日である「来週の土曜日」、休んでいいよ、と火曜日に言った場合。

水・日休みで、火曜日に明日の水曜日は休みなんだけど、仕事が入ったから勤務してねと言い、水曜日に勤務。そして、木曜日になって、昨日勤務したから、「来週の土曜日」休んでいいよ、と言った場合。

この場合、労基法の1週40時間が関係してくることになります。

休日の振替も代休も、水曜日勤務した週は、結果48時間勤務することになります。

 

この場合、翌週は週3日休みで32時間ですが、水曜日出た週は、8時間分の割増賃金が必要となります。

割増賃金は、1.25ですが、1.0部分と0.25部分とに別れます。

 

1倍の部分は、48時間の週で支給、32時間の週で控除。

結果的には行って来いで、0.25です。

 

意外と、知られていない部分です。

 

 

 

 

 

Uncategorized

hana87h View All →

ヒロインの来栖ハナです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。